神待ちの未成年者と行為に及ぶことによる「援助交際」が発覚し、逮捕される。
ニュースでたびたび見かける内容ですね。
しかし、実際にはニュースで報道されている以上に、これで逮捕されてしまう人は増えているんです。

 

説明するまでもないかもしれませんが、18歳未満の神待ち女性との「援助交際」、いわゆる「援交」によって逮捕されたらどうなるか。
本人が刑罰を受けるのは当然のこと、自分とかかわりのある人々、特に家族に風評被害が及ぶことになります。
刑を受け終わった後にしても、「援助交際をした罪人」としてのレッテルは振り払うことができず、社会で生きてはいけなくなることでしょう。

 

何故、このようなケースが増えているのか。
それは本当に「援助交際」に手を出している人だけでなく、結果的にそうなっていることを知らなかった、というパターンがあるためなのです。
悪質な出会い系サイトでは、こういった神待ち未成年者を成年女性と偽称して会員にしているケースがあります。
これに引っかかり、その神待ち女性と接触を持つことで「児童買春法」に引っかかる、というわけです。

 

身分証明、年齢確認をしない出会い系サイトでは、このようなことがままあるのが現状です。
男性会員側の判断でこれを避けるためには、女性会員側にこのような確認をきっちりと行っている優良な出会い系サイトを利用するのが一番です。

 

これ以外のサイトですと、警察がおとり捜査としてこのようなサイト界隈に存在し、未成年者との接触を行っていないかチェックしていることがあります。
援交の疑惑をかけられないように、このようなサイトの利用は控えたほうがよいでしょう。

 

優良出会い系サイトでは、「ワクワクメール」「ハッピーメール」あたりが有名かつ安全でしょう。
それ以外でも「PCMAX」「YYC」「Jメール」あたりは安全性が保証されていますし、初心者にも優しいサイトです。