アニメなどでは今でも中高生に対して性的な興奮を煽るかのような表現が少なくありません。
アニメーションだけなら問題はないのです。その中にいるキャラクターは二次元の存在であり、実体のない存在なのですから。
しかし、それによって培われた欲望が外側に向いてしまったらどうなるか。
それは立派な児童ポルノ、援助交際へ発展していってしまうわけです。

 

今でも援助交際や援交などといったキーワードは、検索サイトなどでよく検索に使われています。
使われているということは、それに興味を持っている人が多いということです。
なにもそれは中年のおじさんばかりではありません。
若い世代の人が、中高生に接触する手段としてなんとかならないかと検索している場合があるのです。
特に、中高生のうちに満足な恋愛経験を持てなかった人に、その傾向は強いかもしれません。

 

そういった男性を利用しようとする悪質な出会い系サイトもいまだに根強いです。
未成年の神待ち女性をむしろ積極的に受け入れ、手を変え品を変えそれを売りとするわけです。
年齢確認をおろそかにしているために未成年の登録女性が多くなり、結果的に悪質になっている出会い系サイトも少なくありません。
それらに対するサイバーパトロールの目も厳しく、端から摘発されていっていますが、巧妙な悪質サイトはいまだに生き残っています。
そして、それに登録して未成年と接触してしまえば、その人も摘発されかねないのです。
登録されている未成年女性は成年と偽っているので、それに騙されて結果的に援助交際をはたらいている例もあります。

 

そのような事態を避けるためには、そもそも未成年が存在できないような、優良な出会い系サイトを利用する必要があります。
YYCハッピーメールワクワクメールPCMAXJメールなどは、その良い例としてよく挙げられています。
実際に、そのような未成年女性が存在している、という報告もなようです。安心ですね。