「出会い系サイト」の摘発というと、皆さんはどういう原因を思い浮かべるでしょうか。
たいていの人は「悪質な支払いシステム」「サクラが大量に存在していてサービスの体をなしていない」などの原因を考えることでしょう。
もちろん、そういった意味での悪質さは現在でも根強く存在しています。しかし、最近はこれだけではなくなってきているのです。

 

最近急増している摘発の原因は何かというと、「未成年者の利用事実」および「援助交際や性的交渉の幇助」です。
多少意外に思われるかもしれませんが、悪質な出会い系サイトでは未成年者であってもろくに確認をせずに登録許可を出してしまうのです。
最近の神待ち未成年はさまざまなところにお金をかけるので、効率のいい稼ぎの手段として援助交際に手を染める場合が少なくないのです。
そういったところから、このような原因が生まれてきます。

 

「神待ち」を掲げているサイトでは、むしろそういう未成年の神待ち女性を積極的に取り入れている節があります。
神待ちというのは、家出少女がその日の宿や食事を助けてくれる男性を「神」と称し、出会いを待つシステムです。
家出少女が対象になっている時点で、未成年の神待ち女性ばかりが存在するのは想像に難くないと思います。

 

こういった未成年神待ち女性が年齢を偽り、そしてそれに男性が騙されて金銭等のやりとりをしてしまうと、それだけですでに「児童買春」「援交」が成立しています。
男性が後で気づき、なかったことにしようとしても遅いのです。
警察に見つかれば一巻の終わり。そのまま出会い系サイトなどと一緒に摘発され、社会的地位を失う羽目になるわけです。

 

そんな事態を防ぎつつ出会いを求める場合は、年齢確認を行っており、未成年者が入る隙のない優良出会い系サイトを利用するのが一番です。
ワクワクメール」、「ハッピーメール」に「YYC」や「PCMAX」がその好例と言えるでしょう。