18歳未満の神待ち女性を対象にした「児童買春」による逮捕者数が年々増加している、というのはご存知でしょうか?
これは未成年者が売春に手を染めているケースが増加している、という事実を示すのみならず、出会い系サイト等の男性会員が「騙されている」ケースも増加している、ということも示唆しているのです。
騙されている、というのはどういうことでしょうか。

 

近年、出会い系サイトに神待ちの未成年者が年齢を偽って登録する、という事例が発生しています。
身分証明を課している優良サイトならはじかれてしまうのですが、それをろくに行っていない悪質なサイトですと、簡単に登録できてしまうんです。
その目的はたいてい、交際費やファッション、化粧品などに使いたいお金を得るためです。つまり、「援交」ですね。
しかし、これらの未成年の神待ち女性も、サイト上では立派な成人女性として扱われます。
それに騙され、男性会員が接触して金品などを与えてしまえば、これで児童買春、援助交際の成立となってしまうわけです。

 

考えてみてください。
突然家や職場に警察が押しかけてきて、援助交際(罪罰的には「児童買春」です)の容疑で連行する、と言ってくるわけです。
そうなったら、もうその男性の社会的な地位は一巻の終わりです。そこから立ち直ることは、ほとんどできないでしょう。

 

そんな悲劇を回避するためにも、年齢確認を行っている優良な出会い系サイトを利用すべきです。
例としては、「ワクワクメール」、「Jメール」、「YYC」、「ハッピーメール」、などが有力です。
もしくは、大人の会員が多い「PCMAX」も有効でしょう。
これら以外の優良でないサイトでは、上記のケースが多発しています。
ぜひとも注意しなくてはなりませんね。