「援助交際」という言葉に、どれほどのイメージがこもっているでしょう。
若い神待ち女性との肉体的な関係。
金銭のやり取りをするという、どこかビジネスライクな関係。
それでも、お互いはお互いを必要としているから、離れることができない。
こうやって書き連ねていくと、ちょっとロマンチックだと考えられるかもしれませんね。
しかし、それはこの現代社会において、ただの甘い幻想だと思い知らされることになります。

 

いうまでもなく、「援助交際」=「援交」は犯罪です。
ただでさえ、今は「児童ポルノ」に対する風当たりが強くなっていて、それに対する摘発の激烈さは増している一方なのです。

 

そういった援助交際などの温床になっている出会い系サイトは軒並み摘発の憂き目にあっています。
そういう行為をあっせんしていた悪質なところも、結果的に未成年女性との接触を幇助していた無意識的な業者も、まとめて検挙されています。
そしてそことつながりを持ち、意識的無意識的を問わず未成年女性と不適切な関係を持っていた男性会員は、警察に連行されていったのです。

 

まだ大人になりきっていない女の子と、楽しめるような関係を作る。
とても甘美なイメージを想起させますね。事実、昔はそうやって楽しんでいた人もいたのでしょう。
しかし、今の社会でそれは絶対に許されません。
一度バレてしまったが最後、あなたはいろいろなもの、ともすればすべてを失ってしまうのです。
全てを失くすようなリスクを負ってまで、することではないでしょう。

 

性的な同意年齢に達している18歳以上の神待ち女性のみで構成された出会い系サイトを使うことを、強く勧めます。
そういった場所なら出会いのきっかけも作れますし、未成年女性の誘惑もないことでしょう。
リスクは極限まで減らすべきです。