人は何かしらのきっかけを以て、禁忌に触れ、それを味わってみたい生き物です。
それは、創世時にアダムとイブが禁忌を犯してから、人にかけられた呪いなのかもしれません。
…というと如何にも詩的な雰囲気が漂うわけですが、なんのことはない、男が若い子に手を出す道理を少し脚色してみたわけです。

 

現在、当然ながら神待ちの未成年者に性的な意味で手を出すことは禁じられています。
児童ポルノ禁止、だとか、援助交際の禁止だとか、そういう意味ということですね。
こうした法律の枠組みが、逆説的に禁忌的な魅力を増やしてしまっているということも、あり得るわけです。
そうした理由から、地位のある人でも児童買春に手を出してしまうのかしれませんね。
もしくは、金銭的援助をすることで女児を支配的に感じていたいのかもしれません。
いずれにせよ、男性の後ろ暗い欲望を満たす手段として、援助交際が存在しているわけです。
出会い系サイトのみならず、LINEなどの無料コミュニケーションツールなどでも、これは顕著に出ています。

 

しかし、これだけのことをするということは、それだけの代償を払わなければならないということです。
社会的地位、友人や知人との信頼、これからの生活、今まで築いてきた美名。
肉欲などの欲望を満たす代償としては、いささか大きいのではないでしょうか?

 

今後、こういった問題はさらに激烈化していくことが予想されています。
そうした問題を避けながら出会いを続けていきたいのなら、年齢確認をきちんと実施していて、かつ異性斡旋業として届け出をしている出会い系サイトを利用することがオススメです。
ワクワクメールハッピーメールJメールYYCPCMAXなどは特にオススメしたいところです。