カテゴリー別アーカイブ: 未分類

わりきりの相場

わりきりの相場って確かにその時代によって変動するもんだけど、最近はちょっと安すぎるかなって思う。
それに、外国人の参入がわりきりの相場を下げてるって思えるよね。中国人とか韓国人とかさ。
私の場合は、そういうわりきりの相場関係なくて、一律五万円にしてる。
強気な値段設定って思われるかもだけど、このくらいしないと、相手の客の質が劣化するから。
怖い目にもあうし、踏み倒される心配もあるし。
この程度の値段以上じゃないと、私は受けないって決めてる。
五万円がボーダーかな。
時代の流れみたいなもんだと思うけど、もう、今はファストフード・ファストセックスの時代じゃないの。
TELH
それ以下になってきてる。マックも業績悪いんでしょ。そりゃそうだよね。
マックですら高いと感じる人が増えてきたってことだよ。
今に野良犬や野良猫と同様、野良人間が出て来てってもうホームレスがいるわけだけど、野良娼婦みたいな女も出てくると思うよ。
ってもういるか。AKBみたいに野良娼婦がまとめ売りのたたき売りみたいなね。
下に行けば下に行くほど、もっと下があるって気付から。
私は五万以下では、安売りしないって決めてるわけ。それで、食えなくなるようなら、そりゃ私が悪いって覚悟決めてる。
数年前までは、愛人みたいなことしてて、こんなわりきりの相場なんて気にしたこともなかったんだけどね。
今の私の落ちぶれ様をみたら、あの時の愛人もすこしは同情したくなるんじゃないかしら。
いい気味だって思ってくれていいよ、その程度の生き方しかしてこなかったから。
チャットオナニー

オナニーの見せ合い

恋人同士でオナニーの見せ合いってするもんなの?
オナニーって一人でするもんであって、決してオナニーの見せ合いなんてするもんじゃないって思ってたんだけど。
感覚違うのかなって思ったな。
三か月前から付き合ってる子がいるんだけど「オナニーの見せ合いしようよ」って言われた。
エッチしてるんだから、別にそんな必要はなくない?って言ったら、「だからこそだよ!」って言われたんだけど、ちょっと意味が分かんない。
彼女が言うには、エッチする仲でもオナニーの見せ合いをすると関係が深まる、らしいよ。
「お互い、どこが気持ちいいのか、どういう風にするのがいいか、勉強しあうんだよ」って。
そんなのセックスしてれば分かるじゃん。別にオナニーの見せ合いまでしなくてもよくない?
オナ指示
っていうか、俺、女の子がオナニーするって事実がいまだに受け入れられてないところがあるんだよね。
男はオナニーするけど、女はしないって無意識で思ってて。
彼女がオナニーするって知った時、ちょっとぎょっとしたもん。
今時女子にとっては当たり前って言われても、信じる気になれなくて。
古風な男だとか、男尊女卑とか、どう言われてもいいけど、やっぱり女の子が自分でっていうのは、抵抗ある。
もちろん、こういうこと、彼女には言えないんだけどさ。
実際に彼女とオナニーの見せ合いした後、絶対彼女のこと、今までと違う目で見ちゃいそうで。
そういう不安とか心配とか、打ち明けられないし。
オナニーの見せ合いなんて、誰が考え出したんだろ。バカなことしてくれるよな。
パパ活して再婚
寿退社

パパ活で玉の輿に乗る

そろそろ婚活しないとやばい。
周りはいつの間にか結婚して子供まで生んでいる。
恥を忍んで結婚相談所にでも行こうかと思いインターネットで調べてみると
そのあまりの高額ぶりにびっくりしてしまい
今の自分の給料ではとてもじゃないけれど払えないと思い断念した。

最近弁護士の彼氏と結婚した友人に相談してみた。
すると彼女は
『びっくりすると思うけど、今の旦那パパ活で見つけたのよ。パパ活で玉の輿に乗るってのも意外といけちゃうものよ?』
とアドバイスされた。
パパ活なんて言葉は聞いたことがあったけれど実際自分がしてみるなんて考えたこともなかった。

女性は無料で使えるけれど、男性は有料とゆう出会い系サイトで
パパを募集するとのことだった。
優しくて包容力のあるパパを募集なんて文言を書き待っていると
何人かの男性なら連絡がきた。
パパ活してお小遣い稼ぎ
微妙な人だったらパパとしてお付き合いすればいいし、
もし気に入った男性がいたらパパ活で玉の輿に乗る
ことを目標に頑張ってもいいかなーとパパ活を始めることにした。

パパに実際に会ってみると、みなさんお金持ちなだけあって
とても気品があり余裕のある素敵な方ばっかりでした。
独身でないパパもいたから、そうゆうパパに対しての
恋心は後々面倒になるので最初から割り切るようにした。
独身だと言っているパパで、素敵な人がいたら
パパ活で玉の輿に乗る!と頭の中で反芻しながらも
どうにか気に入ってもらおうと四苦八苦した。
まだまだパパ活で玉の輿に乗るのはできなそうだけれど、頑張ってみようと思う。

パトロン募集

シングルマザーの婚活

私はシングルマザーの婚活に今参加しています。子供は両親に預けての参加。今回のシングルマザーの婚活は結婚していない人も参加することもあってか、男女共参加人数がとても多かったです。

そして、参加者全員のトークが始まりました。トーク中分かったことが、33歳の私には20代前半の若い男性から40代後半の男性がいて、幅広い年齢層の参加者でした。そして、女性陣の中では私と同じシングルマザーの婚活をしている人の参加者の方が初婚よりも多いことが分かりました。

沢山の男性と話したけれど私が気になった男性は1人もいませんでした。見た目がかっこいい男性には子連れじゃない女性の方が良いだろうし、男性も子供いての再婚だとお互い大変と思ってしまいなにも行動できずただ時間が過ぎるのを待っていました。
シングルマザーがパパ活する

「よければ隣に座っても良いですか?」声をかけてくれたのは子連れの再婚を希望する男性でした。「お子さんいくつですか?」「4歳です。」「こっちは3歳だから近いですね。」私も子供がいるということもあって、子連れの男性に警戒していたけれど話すととても優しく、子供にも可愛がっているパパでした。そして、自ら子供の母親が病気で1年前に亡くなった話をしてくれ、私も旦那と浮気で離婚の話をして、子供のためにもう一度結婚したいという気持ちが同じだと改めて確認できました。

そして、シングルマザーの婚活はようやく終わりを迎えることになりました。彼とカップル成立したからです。後日彼の子供と4人で会いました。まだ始まったばかりだけどゆっくり進んでいきたいです。
出会い系アプリでパパ活
出会い系アプリでパパ活

出会い系アプリでパパ活

出会い系アプリでパパ活してた時のことなんだけど、失敗したなって思ったんだよね。
っていうのも、男の人がさ、なんか思ってたほど「パパ」って感じじゃなかったの。
パパというより、オヤジ的な人が多くて。。。
見た目がオヤジってことじゃなくて、感覚がオヤジってことね。
つまり、ヤルことやらせてくれないと、出すものも出せないって考え方の人。
基本ケチなんだから、出会い系アプリでパパ活してる女の子を相手にしなきゃいいのにって突っ込みたくなってしまうようなオヤジってこと。
ケチな人にパパは務まらないでしょ?こっちだって、ボランティアじゃないんだしさ。
オヤジって、金とか権威とか笠に着れば、好き勝手できるって勘違いしてるんだよね。
月極パパ
パワハラとかセクハラする人ってこういうタイプだよね。
そういう図々しいだけのオヤジってさ、それなりの金出せばいいのに、そういうやつに限って、どこのコネも関連性もない女の子を前にすると、異様に上から目線だよね。
セックスしたいだけなら、風俗に行けばいいのにって思っちゃう。
出会い系アプリでパパ活と、風俗を同じだと思ってるんじゃないのかな。
私、そういう嫌な経験が重なって、とうとう、出会い系アプリでパパ活するのやめたもん。
ちょっとお金はかかるけど、デートクラブに登録した。
こっちの方が、相手の情報も正確だし、何かトラブルあった時は、クレームもつけられるし。
自力で出会いいアプリでパパ活ってやっぱりリスクが大きいと思うのよね。
パパ活アプリ

パパ募集アプリ

私が使ってるパパ募集アプリって、女性も登録料とか使用料とか払うシステムなんだよね。
だから、そのパパ募集アプリにいる女性って、その分本気ってことだよ。
私も、最初の頃は、無料のパパ募集アプリ使ってたんだけど、思っていたほど男性の食い付きが良くなくて。
無料のパパ募集アプリでお茶ひくくらいなら、多少お金かけて相手探した方がいいかもって思ったんだよね。
もちろん、そのパパ募集アプリ、男性の方も料金が発生するのよ。それに、登録時に年収なんかも書き込むようになってて。
それで、女性の方もそれを閲覧できたりするのよね。
月10万円くれる食事パパ
もちろん、年収が高くて、条件がいい人は引く手あまたで、競争率も高いんだけどね。
私、もともと風俗関係で働いてたのね。だけど、体力的に無理だなって気付いて。
それでパパ募集アプリに流れてきた人だから、男性に要求するレベルってそんなに高い方じゃない。
もともと愛人やってる人とか、お金持ちのパーティーガールみたいな人たちが要求してるレベルとは違うと思う。
有料のパパ募集アプリだから、そういう人たちの方が多いのかもね。
私みたいな風俗上がりとはレベルが違うのかもって、最近凹むことが多いよ。
女の価値って下がる一方だからさ。
風俗で働いてた人なら、誰でも分かると思うけど、年が行くほど不利になって行くんだよね。
どんなに美人で可愛くても、風俗の業界にいると、若いが正義、なんだよ。
そういう価値観に付いていけない年齢になると、パパ募集アプリですら上手く行かないんだよね。
パパ活アプリ

パパ活ブログ

パパ活ブログを参考にしてパパ活を始めた。
パパ活ブログを書いている人は私と同じ大学生だったので
親近感がわいて、私にもできるかもと思って始めた。

パパ活ブログを書いている人は、あるバーにいってパパをゲットしたと
かいていたので、私も女の子を探しにやってくるパパが多いといわれている
バーに足を運んでみた。

いつもよりも少し大人っぽいワンピースとメイクでバーに行ってみた。
一人カウンターでお酒をのんでいるときは緊張でそわそわした。
しばらくすると隣にスーツの男性がやってきた。
アプリを使ってパパ活する
「お隣いいですか?」
と言われたのでうなずくと、私の隣に座ってお酒を頼んだ。

「ここは初めてですか?」
ときかれたので
「はじめてきました。なんか緊張しちゃって。」
と答えると、にっこりと笑いかけてくれて
それからいろいろたわいないはなしをしてもりあがったあとに
「君のこと気に入ってしまったのだけれど、また会えませんか?」
と言われて、お金の話もれ。
思ってたよりも高額のお手当を提示してきたし、みためもそんなに
いやってわけな人じゃなかったのでOKしてパパになってもらうことにした。
こんないきなりパパができるものなのかとびっくりしたけれど、
パパ活ブログに、若くてなおかつ女子大生だったらパパはいくらでもいるし
バーにいけばすぐ声をかけられるよってかいてあったので、
本当そうなんだなーとしみじみ思った。
そのパパと定期的にごはんだべたりデートしたり地道にお金かせいでいる。

パパ活ブログ

パパ募集

パパ募集をするにあたり、僕は、セックスを絶対にしないことを条件として挙げたものである。
というのも、僕はセックスには興味がないし、できないからだ。
そこで、とある出会い系サイトに書き込みをする時でさえも、きちんとその旨を伝えたものだった。
具体的には、このような感じでね。
「はじめまして。僕は、パパ募集をしている男性に興味のある女性を探しています。セックスには興味があないし、できないので、それについてご了承をいただける女性の方で、いかがでしょうか?まずは、返信をお待ちしています。よろしくお願いします。」というような感じでね。
そこで返事があった。
彼女の名前はLさん。
パパ活していたアラサー主婦の私に救いの手【一回1万円のパパ契約】
彼女もセックスには興味がないし、したくない、ということだった。
僕と同じだ。
メールの感じからも、とても丁寧な感じが伝わってきたし、彼女のパパになりたいと思い、連絡をしてみることに。
彼女からの返事も早かったものだ。
彼女と連絡を取りあっていると、さっそく空いている日にちが見つかったので、会うことに。
実際に会ってみると、とても素敵な人であることが判明したものだ。
このような素敵な女性と知り合うことができたのも、あの出会い系サイトのおかげである。
ここまで相性の合う女性はなかなかいない。
そういうわけで、あの出会い系サイトには、とても感謝をしているわけなのだ。
今後、出会い系サイトに登録をすることを考えている人に、ぜひオススメをしてみたいものである。

シンママ
わりきりの相場